便所の落書き

電気の知識を赴くままに...

年頭所感

新年あけましておめでとうございます.本年もどうぞよろしくお願いいたします.

 

 さて,昨年末から年明けの現在にかけて,大きな転機を迎えなにかとバタバタしていました(といっても,考え事をしているだけで時間が過ぎていくことも多かったですが).新年を迎え,昨年の振り返りと今年の見通しを書いていきます.

 

 

昨年までの振り返り

 2015年4月に社会人になり,大手電機メーカにエンジニアとして2年半ほど勤務していました.3年目の節目にあたり考えることがあり,昨年11月末付で退職いたしました.

 今となっては理由は後付になりますが,働いている意味を見出すことができなかったのかもしれません.

 自分が楽しいと思っていることを仕事にしようと思っていたので電機メーカに就職したわけですが,仕事にするということは当時学生だった自分からすると相当厳しいものでした.

 失敗ばかりしますし,怒られ,自分が学生時代にやってきたことを活かす場面はほとんどなく,周りの同期はうまく仕事をこなしているさまを見て,自分の中に少しだけ持っていた自信が完全になくなってしまいました.

 気分転換をしようにも,趣味がない人間でしたから,気分が沈んだまま日々を過ごしていました.

 唯一あった電子工作やプログラミングは仕事のことを思い出してしまうので気分転換になりませんでした.外を出歩こうにも,体力がないため,結局疲れてストレスが解消されないままになってしまいます.

 体力をつけたり,趣味を作ろうと思いましたが,結局何も手をつけることができないまま気持ちがどんどん落ち込んでいき,とうとう退職することにしました.

 一度リセットしたかったのです.

 

 次の所属先は出身高専の専攻科となりました.昨年の5月ぐらいに,卒業した高専の専攻科を受験し,無事合格しました.

 しかし,退職交渉のタイミングを誤り,11月末で退職したので,4月までは空白の期間になってしまいました.

これからの見通し

 4月からはまた学生になりますが,それまではとりあえずフリーターという肩書になります.とりあえずバイトをします.

 専攻科では次の優先順位で過ごしたいと思います.

  1. 次の進路を見極める
  2. 体力をつける
  3. 趣味を楽しむ
  4. キャリアに活かせる資格を取得していく
1. 次の進路を見極める

 これは学生にとっては避けられないことですが,学士取得を控えている人間は,M進で研究職コースを目指すか,そのまま就職するかの選択を迫られます.

 M進することも当然視野には入れていますが,果たして自身にその適性があるかどうかが問題になります.今の自分の蓄えは専攻科を出るまでしかなく,その後はほとんどを奨学金で学費を賄うことになるので,むやみに進学を選ぶことは命取りになります.

 一方で就職するにしても,また同じことになりかねないので,企業選びはより慎重に行わなければなりません.後述しますが,新しく趣味も見つけることができたので,これも悪い選択ではないなと思いました.

 また,実家に帰ってわかったことですが,父親の仕事がうまくいってないようなのです.今は母親がパートと内職でなんとか生活はできていますが,なにか事故・事件があればもう保たないという状態です.

 私が実家とちゃんと話をしていればそのまま社会人を続けて家に仕送りを続けていたかもしれませんが,今となっては後の祭りで,果たしてそこまでの状態をその時の私に把握できたかといえば難しいと思います.

 今年1年でなんとか進学するに当たっての適性を見極めるために,研究活動はもちろんですが,バイトと両立できるか,給付型奨学金の受給は望めるか等を検討しなければなりません.

 進学したい,という思いがあり今に至るわけですから,これは全力で取り組まなければならないと思っていますし,いざという時は就職するという道も確保して置かなければなりません.

2. 体力をつける

  これは今後の進路問わず必要となってくることですので,定期的に持続できるように無理のない範囲で進めていきます.

 今のところは,起床後の縄跳びと日が沈んでから近所をランニングするようにしています.

 起床後の運動は脳を活性化する目的もあるため,毎日続けることにし,ランニングについては当面は気が向いたときで良いかなというところです.

3. 趣味を楽しむ

  仕事をしていたら必ず行き詰まりになる機会がありますので,気分転換になることを探さなければなりません.

 最近はオートバイを趣味にしようかと思っています.

 私の家は最寄り駅が遠く,バスで30分ほどかかります.また,学校へは一旦大阪市内まで出なければならず,地域の特性上,バイト先もバス電車だけではかなり限られます.

 というわけで,足を買うことなったのですが,できるだけ安く済ませたかったのでオートバイを選びました.

 山を越えなければならないため,原付より排気量のあるものを探し,普通自動二輪の免許も取得しました.詳細は先日あげたFAZER125のインプレ記事を見ていただければと思いますが,せっかくなので趣味にしたいと思いMT車にしました.

 また,資金は本科時代よりは融通がきくので,その他見つけれれば積極的に挑戦してみようと思います.

4. キャリアに活かせる資格を取得していく

 今後企業に勤めることになり,キャリアアップする上でも転職する上でも一般に通用する資格を持っている必要があります.

 現在は電験三種と電工一種(電工は試験合格),デジタル技術検定2級を所持しています.電気分野に就職する上では幾分に有利になるかとは思いますが,別の分野への転身や,複数の分野に跨がるような仕事をする際はまた別の資格を取ることも考えなければなりません.

 一例を挙げれば,機械系なら自動車やFA,情報系はスマートグリッドや電気機器全般,化学系であれば燃料電池や蓄電池,建築系であればプラント建設など様々に道があります.また,純粋な工学系以外の資格もあるに越したことはないかなとも思っています.

 専攻科では以下の資格取得を目指します.

  いずれも仕事の幅を広げることが目的ですが,上3つは技術者としての幅を広げることが目的です.

 

 今年1年精進してまいりますので,皆様,よろしくお願いいたします.